文字サイズ:
  • 標準

ソリューション
BCR照合検査システム

『 生産管理システムには問題がないのに、誤出荷がたまに発生する… 』

生産管理をされているお客様の中でこのようなお悩みはありませんか?

その原因は、箱詰め工程でのポカミスです。
せっかく生産管理システムにより監視された商品も箱詰め工程で間違った箱に入れてしまうと流通工程で問題が発生してしまいます。原因は、箱詰めの箱をストックから機械にセットする工程が人によるものであり、セットする箱を間違えるなどのポカミスが発生することがあります。

そんなお悩みは
BCR照合システムが解決!!

BCR照合システム

主な特徴

生産品目にあった正しいBCRが印字されているかを照合検査します。

特徴

主な機能

2種類の照合検査機能と拡張設定(2種類)を搭載
機能①
  • 【プリセット照合検査】:あらかじめ設定された生産品目データと照合
    異品種混入防止の目的に使用します
  • 【2点照合検査】:最初に読取ったバーコードデータと次に読取ったバーコードデータを照合
    伝票と現品が一致しているかのチェックに使用します
  • 【部分照合機能】(拡張設定):プリセット照合検査や2点照合検査に組み合わせて利用
    限定照合:特定の位置から指定バイト数の範囲のみ照合します
    商品コード,ロットNoの部分だけのチェックに使用します
    日付比較:現在日に対してオフセット(過去・未来)日を基準に照合します
    製品の使用期限のチェックに使用します
生産計画システムとのデータ連携
  • 生産品目のデータを表示器用のデータとして簡単に利用できます