文字サイズ:
  • 標準

ソリューション
生産進捗表示システム

『 現場で生産進捗が思うように把握できない… 』

多品種変量生産を行っているお客様の中でこのようなお悩みはありませんか?

その原因は、品種ごとの標準作業時間の違いです。少量大量生産と異なり、多品種になると品種ごとに作業時間が異なります。現場で品種ごとの標準作業時間を加味した生産進捗を把握することは大変困難です。

標準作業時間の違い

そんなお悩みは
多品種少量生産用の
生産進捗表示システムが解決!!

生産進捗表示システム

主な特徴

生産計画データに従い品種ごとの標準作業時間を自動計算して進捗表示を行います。

特徴

主な機能

標準作業時間の考慮した計画進捗度の自動計算
  • 段取り時間、休憩時間、ラインの人数を設定可能
  • 2直、残業への対応
    特徴
生産計画に対する遅れを時間で表示
  • 作業時間の実績を遅れ時間で表示
  • 終了予想時間を表示可能
  • 視認性のよい表示文字
    特徴
生産計画システムとのデータ連携
  • 作業時間の実績を遅れ時間で表示
    特徴